仕事をしすぎて、気がつけば猫背のあなたへ!予防法その①

職場でPC作業が長いかったり隙間時間にスマホを見すぎて猫背になってませんか?

今回は猫背の予防法についての記事を書きました。

簡単な予防方法なので試してみてください。

○猫背はなぜ危険なのか

猫背の原因は首にあります。

首の骨である頚椎は7個あり、まっすぐには重なってはおらず、横から見てCの字のカーブを描いています。

頭の重さのバランスをとるためにカーブをつけて、頭を支えているわけです。

このカーブがなくなってまっすぐになっている状態をスマホ首と言います。

スマホ首になりますと、頭の重さを首の骨で受け止めることができなくなります。

結果的に筋肉で支えるため、後頭部から首への筋肉が緊張しっぱなしになってしまいます。

後頭部の筋肉は視覚神経につながる筋肉です。

この筋肉が硬くなると目の前が見にくくなったりぼやけたりしてしまいます。

また頚椎がまっすぐになると、頭をうまく支えられないため、頭部が前に倒れてきます。

お辞儀をしてるような感じです。

首が垂れ下がってくると首の骨の横にあります、椎骨動脈と言う血管が圧迫され脳への血流が滞ります。

脳への血流が滞ると酸素量も低下するため脳へのエネルギー不足に繋がってしまいます。

脳の状態も悪くなり認知機能も低下してきます。

そして首には神経が通っており手のしびれにも影響があります、頸椎から出てる神経は手のしびれはもちろん、呼吸、めまい、吐き気、頭痛などにもつながります。

このような事が続くと気持ち的にもうつ傾向になり仕事のパフォーマンスも低下してしまいます。

○自宅で猫背を予防する方法

根本的な原因を取り除くには二つの方法があります。

①猫背になる姿勢を止める事

②猫背になった体を元に戻す方法です。

悪き姿勢を止めることは一番の防御策になりますが、仕事や生活の中で変えることは中々できないと思います。

したがって日中歪んでしまった体を、夜のセルフケアで元に戻す事を推奨します。

○背骨を元に戻す方法

仰向けに寝ます

手のひらを仰向けに向け脇の間を45°に開きます。

股関節と膝が90度に曲がるように、椅子やクッションの上にふくらはぎをのせます。

膝と膝の間は拳ひとつ分あけて下さい。

この状態で5分から10分リラックスして寝転んでいます。

背骨が伸びて呼吸もしやすくなってきます。

この簡単なエクササイズを続けると、猫背を食い止めることができますので、寝る前に試してみてください。

首が整うと背骨も整い身体の動きが良くなります。

寝るだけの簡単な整体方法ですので軽い気持ちで試されてください。

細かい所で分からない所などメッセージお願い致します。

毎日の疲れを簡単にリセット出来るといいですね😃

“日本介護職協会”のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40krj8039o

 

日本介護職協会

QRコードはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です