最近夜中に目が覚めたり、イビキがひどい事はないですか?安楽なポジショニング知ってぐっすり寝ましょう✨

ぐっすり睡眠する方法

今日は臥床時に体を楽にするポジショニングについて書いていきます。

 

といって利用者様でなくご自身が眠っている時ですね~✨

 

皆さんは眠っている時はどんな体勢でしょうか?

 

横向き?仰向け?

 

はたまたうつ伏せでしょうか?

 

筋肉は床についている面が緊張してしまいますので長時間同じ面を向いていると同じところが固まってしまいます。

 

と言う訳で、できるだけ色んな格好をするのがいいですね。

 

 

 

◯横向きで楽に眠る方法

 

 

股関節の角度を100度~125度くらいにします✨

 

膝の角度を約90度くらい✨

 

膝の間にクッションか枕、それがない場合は布団を巻き込むといいです☺️

 

これだけでも骨盤のバランスが整うため腰や臀部の緊張が取れてきます。

 

そしてできれば抱き枕を抱えます。抱き枕を抱えることで背中の緊張感がゆるむんですね~✨

背中の緊張感が緩みますと胸郭が広がり呼吸がしやすくなりますので睡眠もぐっすりと感じられるでしょう。

 

そして腰の骨盤の上の方にくびれの部分がありますその間に薄いタオル入れます。

 

これを行うと骨盤の傾斜が治りますので筋肉が緩み特に腰部の筋肉の緊張感が取れます。

 

マッサージをされる先生はこのような形をとって腰部をマッサージするとより深い筋肉にアプローチができますので試してみてください。

また枕の高さは横向けで寝て顔が水平になっているか?

が基準となります

チェック方法は自分で横向けになった時に首の筋肉を触ってください。
緊張があれば高さがあってないので調整が必要です。

左を向くいて寝る事が多い方で枕が低い場合は起き上がると首が正面から見て左に傾く事になります😭

自分の首が曲がってきたなと感じた時は、違う方向へ向いて寝る事を検討するか?
枕の高さを見直すかをしてください。

◯仰向けでのぐっすり眠る方法

 

 

注目するポイントは腰と床の間に隙間があるかどうかです、隙間があると腰の筋肉が緊張してしまいます。

 

内臓が圧迫され消化が悪くなったり便の排泄も滞ります。

 

骨盤も常に前傾しているため股関節の筋肉が緊張してしまいます。

 

◯仰向けのポジショニング

 

ももの裏からふくらはぎの裏にかけて広く大きくタオルかクッションをひいていく

 

股関節や膝の屈曲角度は好みに合わせてですが軽度屈曲位が望ましいとされております。

 

指標としまして膝と股関節を曲げた角度で腰と床の隙間が埋まってきます。

 

隙間が埋まった状態を確認して、ももの裏からふくらはぎの裏にタオルやクッションを入れるといいでしょう。

 

とてもリラックスした姿勢になりますので、マッサージをする場合にも私は使いますね

(^ー^)

 

 

◯枕の高さを調整してぐっすり

 

枕は高すぎても低すぎてもいけませんが、あまり低すぎると顎が上がります。

その状態で寝ていると、首や背中の筋肉が緊張してしまいます。

 

首の後ろには脳に直接つながる椎骨動脈という動脈があります。

 

この動脈の流れが悪くなると脳に血流がいかなくなり酸素不足になりますので、寝てる間に脳の酸欠不足になります。

 

不足になると疲労回復が行われなくなりますので枕の高さに注意しましょう。

 

 

枕の高さは高すぎてもいけないので何度か試して本人に合った高さを見つけられるといいですね。

 

また枕は柔らかすぎないですか?

 

柔らかい枕でも良いのですが、頭が沈み過ぎると首の緊張が高まり呼吸が辛くなります。

 

枕の高さは目線を基準にすると良いですよ。

仰向けに寝た状態で目線が天井に向かい数センチやや下くらいに目線が行くくらいが適しています。

これが足元へ目線が行っていたら枕は高すぎますし、頭より上に目線が行くようでしたら枕は低すぎますので参考にしてください

 

 

このポジショニングはマッサージ中でも使えますし、普段の就寝時にも使えます。

 

介護現場でもこのようなポジショニングを基本に利用者様に合わせて枕やクッションを入れていきます。

 

快適に睡眠をとるために参考にしてください。

 

本日もブログを見ていただきまして本当にありがとうございました~✨

日本介護職協会では皆様のご意見や感想から記事を作らせて頂いてます。

こんな事をやってほしいとか、こんな記事が読みたいとかお気軽にLINE@よりメール下さい☺️

“日本介護職協会”のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40krj8039o

 

日本介護職協会

QRコードはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です